市販のボディーソープはダメ?デリケートゾーン専用の石鹸はある?

デリケートゾーンの黒ずみに、市販のボディーソープを使うことはダメなのでしょうか?

また、デリケートゾーン専用の石鹸ってあるのでしょうか。


市販のボディーソープはダメなの?

皆さんは、デリケートゾーンを洗うとき、どんな洗浄剤をお使いでしょうか。

デリケートゾーンの蒸れや臭いが気になる時は、デリケートゾーンに繁殖した真菌と呼ばれるカビが臭いのもととなります。

真菌が繁殖して、体内からの分泌物を分解してしまうため、その分解中に発生するのが臭いです。

また、デリケートゾーンには、そういった菌が繁殖しないように、常駐菌という良い菌も存在しています。

常駐菌とされるものがいなくなると、バランスが取れなくなり、痒みや炎症を起こしたりするようになります。

なので、デリケートゾーンを洗うときは、この常駐菌まで殺菌しないように洗浄しないといけません。

そこで調べてみると、市販のボディーソープでは、繁殖した真菌を完璧に洗うことはできないことが分かりました。

そして逆に浴用石鹸では、残念なことにデリケートゾーンを守っている常駐菌まで洗い流してしまう、といったことになるようです。


デリケートゾーン専用の石鹸はあるの?

では、ボディーソープも石鹸も駄目ならば、デリケートゾーンはどうやって洗ったらいいのでしょうか。

そんな悩みを解決してくれるのが、デリケートゾーン専用の石鹸です。

デリケートゾーン専用の石鹸は、デリケートゾーンに必要な菌はきちんと残しながら、臭いのもとだけしっかり落としてくれます。

おススメは、「デリケートゾーン専用のコラージュフルフル泡石鹸」「LCジャウム・ハーバルソープ」「VIfemy(ヴィフェミィ) デリケートウォッシュ 」などです。


まとめ

女性のデリケートゾーンは弱酸性です。

ですから、ボディーソープでも石鹸でも、選ぶときは弱酸性の洗浄剤をチョイスしましょう。

刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸を使うことで、デリケートゾーンの健康状態が保たれます。

また、そのような専用石鹸は、敏感肌など肌が弱い人にも最適です。

正しい洗い方をする他にも、生理時など、ナプキンやオリモノシートはこまめに取り替え、常に清潔にして蒸れないように気を付けましょう。

そのためにも、通気性のよい下着を身に着けること、ホルモンバランスを崩さないような生活習慣を送ること等がとても大切です。

デリケートゾーン専用の石鹸の使用を勧める立場の人からは、女性は12歳くらいからお手入れを始めた方が良いとされています。

VIO脱毛も効果的?ムダ毛を脱毛すると黒ずみは解消できるの?

よく、ムダ毛を脱毛処理すると黒ずみや臭いが解消できる?と聞いたことがありませんか?

ムダ毛を脱毛すると、本当に黒ずみは解消できるのでしょうか?


VIO脱毛も効果的なの?

皆さんは、VIO脱毛って分かりますか?

VIO脱毛とは、VIO・ハイジーナ脱毛と言って、Vライン(ビキニライン)、Iライン(股の間)、Oライン(お尻の奥)の脱毛のことです。

つまりVIO脱毛は、デリケートゾーン全般、アンダーヘアがない状態にすることです。

VIO脱毛をする時は、料金やコースはもちろんのこと、脱毛技術がしっかりしているところを選ぶのがポイントになります。

エステサロン等でのVIO脱毛は、光脱毛(フラュシュ脱毛)を使用する場合がほとんどです。

また、クリニックで行う場合は、医療レーザーを使用、そのほかブラジリアンワックス脱毛など方法があるようです。

VIO脱毛をすると、Tバックなどの大胆な下着や可愛い下着、水着も迷うことなく選ぶことが出来ます。

その上、生理中の不快感や臭いが激減したという女性の声が多く聞かれるのも事実です。

ただ、黒ずみに大きな効果があるかどうかは、次のコーナーで詳しくご説明していきますね。


ムダ毛を処理すると、黒ずみは解消できるの?

VIO脱毛処理後、様々なストレスから解消されて、女性としての自信が出てきた人も少なくありません。

脱毛することで、衛生的になり、ムダ毛があった時よりもデリケートゾーンが清潔に保たれ、炎症も黒ずみも抑えられることは間違いありません。

しかし黒ずみに関しては、日本人はもともとメラニンが多く、色素沈着を起こしやすいので、個人差はあるものの、完璧にとは言えないのです。

日本人である以上は、ある程度の色がついてしまうのは仕方のないことなので、やはり脱毛後のケアが大事です。

石鹸やジェルなど、デリケートゾーンの黒ずみ対策商品を使って、毎日きちんとケアをしていきましょう。


まとめ

VIOゾーンを脱毛するときは、カミソリや毛抜きを使っての自己処理は絶対に避けましょう。

デリケートゾーンは前述のように、ただでさえ色素沈着を起こしやすい場所なので、自己処理をして炎症を起こしてしまったら最後です。

エステサロンやクリニックで、前もって下処理をしてきてくださいというのとは違います。

デリケートゾーンは普段は人に見せるような場所ではありませんが、見せるとしたら、ぶっちゃけ自分の大切な人に、となるわけです。

ですからそのあたりもよく考えて、あとあと自分も相手も末永くさわやかな付き合いが出来るよう可能なことはきちんとしておきましょうね。

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科でもキレイにすることは可能?

女性の大きな悩みの一つに、デリケートゾーンの黒ずみが挙げられます。

このデリケートゾーンの黒ずみは、皮膚科でもキレイにすることが出来るのでしょうか?


デリケートゾーンが黒ずんでいる!

お風呂に入った時や、時に臭いや痒みが気になってふと見てみると、え?なんで?どうしてこんなに黒ずんでるの?

と落ち込んでしまう女性は少なくありません。

と同時に、デリケートゾーンが黒ずんでいることは、男性諸君からも、かなりドン引きされてしまいます。

不潔な感じがする、キレイなピンク色がいい、黒ずんでいると萎える・・・などなど、けっこう辛口な意見が多いものです。

これ以上黒ずませないようにと思って、専用の石鹸を使ったりクリームを塗ったり色々なケアを試してはいるけれど、今日の明日で効果の出るものでもありません。

生活習慣に気を付けながら、黒ずみケア商品を使用していても結果が出ないときは、皮膚科でもキレイにすることは出来るのでしょうか。


デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科でもキレイにすることは可能?

本格的にデリケートゾーンの黒ずみを解消したいと考えている女性には、皮膚科や美容外科でもキレイにすることができるようですよ。

その場合、メラニン色素を直接破壊するために、レーザー治療を行う方法、新陳代謝を促進させるために、ピーリングで古い角質を落とす方法があります。

また、ハイドロキノン配合の美白クリームの処方をしてもらう方法、小陰唇の黒ずみは、形成手術を行う方法などがあります。

どの方法がよいのか、また、このような医療機関での通院、治療はかなりの高額になることも覚悟しておかなければなりません。

通院するのが面倒でない人、経済的にも余裕がある方でしたら、高い効果は得られるので、選択肢の一つになるでしょう。

また、皮膚科や美容外科では、無料でカウンセリングや相談を受け付けているところが多いです。

なので、する、しないは後にして、一度訪ねてみてもいいかもしれません。


まとめ

愛する彼氏や夫婦円満のためにも、デリケートゾーンの黒ずみは出来るだけ解消しておきたいものです。

費用は掛かっても、医師のもと、安心安全に効果を得たいのであれば皮膚科や美容外科もアリだと思います。

デリケートな悩みだからこそ、専門医による適切なアドバイスが必要になることも多いと思うので、ドクター選びも慎重に行いたいものです。

クリニックによっては、「デリケートゾーン外来」を設けているところもあります。


デリケートな部分だから気になる!臭いや黒ずみを解消する方法

デリケートゾーンは、目立たないところとはいえ、黒ずみはとっても気になりますね。

今日は、デリケートゾーンの臭いや黒ずみを解消する方法について考えてみましょう。


デリケートな部分だから気になる!

デリケートゾーンは、ムダ毛の処理や色素沈着、臭いなど、デリケートな部分だからこそ気になる!ってこと、ありますね。

ムダ毛処理の仕方なども、なんとなく中途半端になってみたり、お手入れの方法もいまいち・・・なんて人もいます。

そして一番は、臭いや黒ずみについての悩みがあるけど、場所が場所だけに友達にさえ相談しにくい・・・といった女性がたくさんいます。

皆さんは、このデリケートな部分、どんな風にケアをされていますか?


デリケートゾーンの臭いや黒ずみを解消する方法とは?

では実際に、デリケートゾーンの臭いや黒ずみを解消するためにはどのような方法があるのでしょうか?

まず、デリケートゾーンが臭う場合に考えられるのは、「スソワキガ」や体質、性感染症などの病気が疑われる場合があります。

その場合は、原因をきちんと突き止めてその治療を行えば解消します。

ただ、生理中にムレてしまったり、タイトな下着やジーンズが締め付けの原因となり、通気性が悪くなることもあります。

また、臭いのキツイ食品を食べた後、例えばニンニク等を食べた後も臭いがキツクなる場合があります。

そして、臭うからと洗い過ぎても、皮膚を守っている常在菌を洗い流してしまうことになり、臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。

一方、デリケートゾーンの黒ずみは、下着やナプキン、衣類などの刺激のほか、ホルモンバランスなどが大きく関わっています。

デリケートゾーンが黒ずんでいる!とショックを受けた女性は、食べ物やライフスタイルに気を付け、規則正しい生活習慣を行いましょう。

若い人にありがちな過度なダイエット、アルコールや喫煙は避け、充分な休養と質の良い睡眠、栄養バランスのとれた食事をしてくださいね。

生活を見直すことは、ホルモンバランスを整えてデリケートゾーンの状態を良くするばかりでなく、将来の病気の予防にもつながります。


まとめ

デリケートゾーンを洗うときは、デリケートゾーン専用のソープをよく泡立て、前から後ろに向かってやさしく洗うようにします。

デリケートゾーンも膣の中も、洗い過ぎは善玉菌をも洗い流すことになるので、注意しましょう。

身に着けるものも、女性ですからもちろんセクシーさやファッション性も大事ですが、肌に優しいコットンかシルク素材のものを使いましょう。

デリケートゾーンには、ジャムウ石鹸といって、臭いも黒ずみも抑えることの出来る女性にとってとっても嬉しい商品もありますよ。

デリケートゾーンの黒ずみを解消!口コミでも話題のクリーム

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は多いものです。

黒ずみの原因や、黒ずみを解消してくれる話題のクリームについて調べてみましょう。


デリケートゾーンの黒ずみを解消したい!

デリケートゾーンは、下着や衛生用品などで、とかく刺激の多い場所です。

デリケートゾーンが黒ずんだり色素沈着する原因は、大きく3つあります。

ひとつはメラニンです。メラニンと聞くと、イコール「しみ」の印象が強いかと思います。

しかし実は、このメラニン、しみのみならず、デリケートゾーンを黒ずませてしまう原因にもなっているんです。

乳首やデリケートゾーンは、もともとこのメラニン細胞の活動が活発なため、黒くなりますし、加齢とともにより濃さを増します。

次に、肌のターンオーバーの乱れによるものです。

ターンオーバーとは、皮膚の活性化のことで、いわゆる肌の新陳代謝です。

肌が約28日かけて角化し、やがて角質細胞になり最後にふけや垢としてはがれて、表皮が生まれ変わります。

このターンオーバーが乱れたり働きが弱まると、本来剥がれ落ちるべき古い角質やメラニン色素が沈着したままの状態になります。

そうなるとどうしてもシミや黒ずみとなって残ってしまいます。

3つ目はホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスが乱れて生理不順になったり、冷えやすくなると、同時にターンオーバーの働きも低下していきます。

ですから、もともと刺激を受けやすいデリケートゾーンの黒ずみを解消するには、まずこれらに気を付けることが大事です。


口コミでも話題のクリームとは?

では、デリケートゾーンの黒ずみの原因が分かったところで、黒ずみを解消してくれるケア商品を調べてみました。

口コミでも話題のクリームには、どんなものがあるのでしょうか。

そのひとつが「イビサクリーム」です。

美白効果のあるトラネキサム酸、肌荒れを防ぎお肌を整えてくれるグリチルリチン酸2Kという薬用成分が配合されていて、お肌のターンオーバーをしっかりと手助けしてくれます。

朝晩に1回塗るだけの手軽さと、デリケートゾーン以外の場所や敏感肌の人にも使えるというのが人気の秘密のようです。

また、「ヴィエルホワイト」は、スキンケア情報サイトであるスキンケア大学でも紹介されたほどの顧客満足度90パーセント超え商品です。

イビサクリームもヴィエルホワイトも、返金保証制度がありますので、安心ですし自信のある商品であることも分かりますね。


まとめ

さああなたも、生活習慣に気を付けながら、黒ずみ解消クリームで美白して、女度をアップしませんか?

来年は堂々とビキニが着れるはずです!