肌を白くキレイにしたい!黒ずみはスクラブ等で解消できるか?

黒ずんだ肌を白くキレイにして美しくなりたいと思うのは、いつの世であっても、すべての女性の願いです。

スクラブ等を使うことで、黒ずみは解消できるのでしょうか。


肌を白くキレイにしたい!

肌が黒ずんでしまう大きな原因は、日焼けや摩擦などによるメラニン色素の沈着と、古い角質が残ったままであることです。

日焼けは、日焼け止めを塗って防ぐことが出来るのですが、残念なことに、一度増えてしまったメラニンは減らすことは不可能です。

また、デリケートゾーンは下着や衛生用品などで、常に摩擦による刺激を受けていること、もともとメラニン色素の多い日本人であることなどから、白くすることはなかなか難しいようです。

もちろんケアの仕方、努力次第では、年齢と共にだんだん黒ずみが濃くなるのを予防することは出来るでしょう。

そしてメラニンが無理でも、古い角質を減らしていくことは出来るはずですね。

あなたの本来の肌の色というものは、腕や足の内側を見てください、その部分の色なのです。

肘やひざは特に黒ずんでしまうパーツで、しかも目立つ部分です。

黒ずんでしまった、くすんでしまった肌を、腕や足の内側の白さまで取り戻すためにはどうしたらいいのでしょうか。


黒ずみはスクラブ等で解消できるか?

では、黒ずみをスクラブ等で解消することが出来るのでしょうか。

肌が黒ずむ原因は、摩擦によるものが一番の原因です。

たとえ身に着ける洋服であったとしても、化学繊維より、肌に優しい綿素材の衣類を選んだ方が、皮膚の摩擦を避けることになります。

また、圧力や乾燥などによっても黒ずんでしまいますので、ボディークリームを塗ったり、例えば肘と机の間にタオルや柔らかい布を挟むなどの工夫が必要です。

古い角質を除去するために、スクラブやピーリングは必要ですが、肌の角質を無理やり取り除くことから、肌の弱い方には向きません。

肌が強い人でも、頻度は1~2週間に一度のペースです。

スクラブで、肌表面の角質を取り除き、肌を柔らかくしターンオーバーのサイクルを正常化したら、肌代謝を促進してくれる、ヨーグルトパックなどが効果的です。

ヨーグルトと小麦粉を同じ割合で混ぜ合わせ、お風呂上がりに優しくクルクルとマッサージしてみましょう。

このヨーグルトにはちみつを加えるとより保湿力が高まり、黒ずみのスペシャルケアが出来ますよ。


まとめ

肌を白くキレイにするためには、スクラブだけではダメです。

順を追って肌の代謝を促すケアを行い、保護、保湿を怠らないようにしましょう。

また、肘や膝をつくような姿勢にも注意しましょう。

通販で話題の石鹸!ジャムウソープで黒ずみを解消できる洗い方は?

デリケートゾーンの黒ずみをケアするのに、通販で話題の石鹸があるようです。

皆さんは、ジャムウソープというものをご存知でしょうか?


通販で話題の石鹸とは?

デリケートゾーン専用の石鹸が色々ありますが、今、通販で話題の石鹸には、どんなものがあるのでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみや臭いが気になって、彼氏に嫌われないか、恥ずかしい、と不安になっている女性は少なくありません。

すぐに悩みを解消したくても、実店舗で黒ずみケア商品を購入するのは気が引ける・・・といった気持ちもありますよね。

そんな時は、いつでも便利な通販を利用して購入することが出来ます。

デリケートゾーンの黒ずみや臭いに効果があるとされる石鹸の中に、ジャムウソープというものがあり、とても話題を呼んでいます。

ジャムウソープは、デリケートゾーンだけでなく、膝の黒ずみなどにも効果が期待されている石鹸です。

また、全身の体臭予防にも効果を発揮するため、200万個を超える販売個数を誇っている人気商品です。

ジャムウソープのジャムウという言葉は、ジャワ語、インドネシア語で「客・もてなす・植物を原料とする薬」といった意味があるようです。

ジャムウソープは、ハーブ等の天然材料を調合したもので、インド伝承のアーユルベーダの流れで、独自のハーブを用いて作られています。

ジャムウソープを販売している会社には、目的別で選ぶことの出来るジャムウソープがそれぞれあります。

黒ずみや臭いをしっかりと落としたい、肌の引き締め、全身の透明感を惹き出すもの、脇や頭皮の臭いを抑えるものなど、色々あります。


ジャムウソープで黒ずみを解消できる洗い方は?

では、実際にジャムウソープで黒ずみを解消できる効果的な洗い方とは、どんな方法なのでしょうか。

洗い方の基本としては、ジャムウソープを泡立てネットを使いたくさん泡立てて、フワフワの泡で優しく洗うようにします。

キレイにしようと思うばかりに力を入れてゴシゴシ洗うのは、摩擦で刺激を与えるので、ますます黒ずみを悪化させます、禁物です。

使った後の石鹸も、いつも清潔に保てるよう工夫しましょう。


まとめ

ジャムウソープは主に通販で購入できます。

黒ずみや臭いを解消するのが目的であれば、まずはスタンダードなジャムウソープを選んで試してみましょう。

全身に使えるものですが、勿体ないな~と思う人は、気になる部分だけに使うとより長持ちしますね。

泡立てて、数分間ジャムウ泡パック、をするとより効果的だと思います。

毎日お風呂に入るたびに、継続してやってみましょう、きっとキレイになれますよ。

市販のボディーソープはダメ?デリケートゾーン専用の石鹸はある?

デリケートゾーンの黒ずみに、市販のボディーソープを使うことはダメなのでしょうか?

また、デリケートゾーン専用の石鹸ってあるのでしょうか。


市販のボディーソープはダメなの?

皆さんは、デリケートゾーンを洗うとき、どんな洗浄剤をお使いでしょうか。

デリケートゾーンの蒸れや臭いが気になる時は、デリケートゾーンに繁殖した真菌と呼ばれるカビが臭いのもととなります。

真菌が繁殖して、体内からの分泌物を分解してしまうため、その分解中に発生するのが臭いです。

また、デリケートゾーンには、そういった菌が繁殖しないように、常駐菌という良い菌も存在しています。

常駐菌とされるものがいなくなると、バランスが取れなくなり、痒みや炎症を起こしたりするようになります。

なので、デリケートゾーンを洗うときは、この常駐菌まで殺菌しないように洗浄しないといけません。

そこで調べてみると、市販のボディーソープでは、繁殖した真菌を完璧に洗うことはできないことが分かりました。

そして逆に浴用石鹸では、残念なことにデリケートゾーンを守っている常駐菌まで洗い流してしまう、といったことになるようです。


デリケートゾーン専用の石鹸はあるの?

では、ボディーソープも石鹸も駄目ならば、デリケートゾーンはどうやって洗ったらいいのでしょうか。

そんな悩みを解決してくれるのが、デリケートゾーン専用の石鹸です。

デリケートゾーン専用の石鹸は、デリケートゾーンに必要な菌はきちんと残しながら、臭いのもとだけしっかり落としてくれます。

おススメは、「デリケートゾーン専用のコラージュフルフル泡石鹸」「LCジャウム・ハーバルソープ」「VIfemy(ヴィフェミィ) デリケートウォッシュ 」などです。


まとめ

女性のデリケートゾーンは弱酸性です。

ですから、ボディーソープでも石鹸でも、選ぶときは弱酸性の洗浄剤をチョイスしましょう。

刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸を使うことで、デリケートゾーンの健康状態が保たれます。

また、そのような専用石鹸は、敏感肌など肌が弱い人にも最適です。

正しい洗い方をする他にも、生理時など、ナプキンやオリモノシートはこまめに取り替え、常に清潔にして蒸れないように気を付けましょう。

そのためにも、通気性のよい下着を身に着けること、ホルモンバランスを崩さないような生活習慣を送ること等がとても大切です。

デリケートゾーン専用の石鹸の使用を勧める立場の人からは、女性は12歳くらいからお手入れを始めた方が良いとされています。

VIO脱毛も効果的?ムダ毛を脱毛すると黒ずみは解消できるの?

よく、ムダ毛を脱毛処理すると黒ずみや臭いが解消できる?と聞いたことがありませんか?

ムダ毛を脱毛すると、本当に黒ずみは解消できるのでしょうか?


VIO脱毛も効果的なの?

皆さんは、VIO脱毛って分かりますか?

VIO脱毛とは、VIO・ハイジーナ脱毛と言って、Vライン(ビキニライン)、Iライン(股の間)、Oライン(お尻の奥)の脱毛のことです。

つまりVIO脱毛は、デリケートゾーン全般、アンダーヘアがない状態にすることです。

VIO脱毛をする時は、料金やコースはもちろんのこと、脱毛技術がしっかりしているところを選ぶのがポイントになります。

エステサロン等でのVIO脱毛は、光脱毛(フラュシュ脱毛)を使用する場合がほとんどです。

また、クリニックで行う場合は、医療レーザーを使用、そのほかブラジリアンワックス脱毛など方法があるようです。

VIO脱毛をすると、Tバックなどの大胆な下着や可愛い下着、水着も迷うことなく選ぶことが出来ます。

その上、生理中の不快感や臭いが激減したという女性の声が多く聞かれるのも事実です。

ただ、黒ずみに大きな効果があるかどうかは、次のコーナーで詳しくご説明していきますね。


ムダ毛を処理すると、黒ずみは解消できるの?

VIO脱毛処理後、様々なストレスから解消されて、女性としての自信が出てきた人も少なくありません。

脱毛することで、衛生的になり、ムダ毛があった時よりもデリケートゾーンが清潔に保たれ、炎症も黒ずみも抑えられることは間違いありません。

しかし黒ずみに関しては、日本人はもともとメラニンが多く、色素沈着を起こしやすいので、個人差はあるものの、完璧にとは言えないのです。

日本人である以上は、ある程度の色がついてしまうのは仕方のないことなので、やはり脱毛後のケアが大事です。

石鹸やジェルなど、デリケートゾーンの黒ずみ対策商品を使って、毎日きちんとケアをしていきましょう。


まとめ

VIOゾーンを脱毛するときは、カミソリや毛抜きを使っての自己処理は絶対に避けましょう。

デリケートゾーンは前述のように、ただでさえ色素沈着を起こしやすい場所なので、自己処理をして炎症を起こしてしまったら最後です。

エステサロンやクリニックで、前もって下処理をしてきてくださいというのとは違います。

デリケートゾーンは普段は人に見せるような場所ではありませんが、見せるとしたら、ぶっちゃけ自分の大切な人に、となるわけです。

ですからそのあたりもよく考えて、あとあと自分も相手も末永くさわやかな付き合いが出来るよう可能なことはきちんとしておきましょうね。

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科でもキレイにすることは可能?

女性の大きな悩みの一つに、デリケートゾーンの黒ずみが挙げられます。

このデリケートゾーンの黒ずみは、皮膚科でもキレイにすることが出来るのでしょうか?


デリケートゾーンが黒ずんでいる!

お風呂に入った時や、時に臭いや痒みが気になってふと見てみると、え?なんで?どうしてこんなに黒ずんでるの?

と落ち込んでしまう女性は少なくありません。

と同時に、デリケートゾーンが黒ずんでいることは、男性諸君からも、かなりドン引きされてしまいます。

不潔な感じがする、キレイなピンク色がいい、黒ずんでいると萎える・・・などなど、けっこう辛口な意見が多いものです。

これ以上黒ずませないようにと思って、専用の石鹸を使ったりクリームを塗ったり色々なケアを試してはいるけれど、今日の明日で効果の出るものでもありません。

生活習慣に気を付けながら、黒ずみケア商品を使用していても結果が出ないときは、皮膚科でもキレイにすることは出来るのでしょうか。


デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科でもキレイにすることは可能?

本格的にデリケートゾーンの黒ずみを解消したいと考えている女性には、皮膚科や美容外科でもキレイにすることができるようですよ。

その場合、メラニン色素を直接破壊するために、レーザー治療を行う方法、新陳代謝を促進させるために、ピーリングで古い角質を落とす方法があります。

また、ハイドロキノン配合の美白クリームの処方をしてもらう方法、小陰唇の黒ずみは、形成手術を行う方法などがあります。

どの方法がよいのか、また、このような医療機関での通院、治療はかなりの高額になることも覚悟しておかなければなりません。

通院するのが面倒でない人、経済的にも余裕がある方でしたら、高い効果は得られるので、選択肢の一つになるでしょう。

また、皮膚科や美容外科では、無料でカウンセリングや相談を受け付けているところが多いです。

なので、する、しないは後にして、一度訪ねてみてもいいかもしれません。


まとめ

愛する彼氏や夫婦円満のためにも、デリケートゾーンの黒ずみは出来るだけ解消しておきたいものです。

費用は掛かっても、医師のもと、安心安全に効果を得たいのであれば皮膚科や美容外科もアリだと思います。

デリケートな悩みだからこそ、専門医による適切なアドバイスが必要になることも多いと思うので、ドクター選びも慎重に行いたいものです。

クリニックによっては、「デリケートゾーン外来」を設けているところもあります。