肌荒れしたりしないの?ジャムウ石鹸の原料は何が使われている?

デリケートゾーンの黒ずみや臭いに効果があると言われているジャムウ石鹸ですが、肌の弱い人にも大丈夫なのでしょうか?

今日はジャムウ石鹸の原料には何が使われているのか調べてみましょう。

肌荒れしたりしないの?

ジャムウ石鹸は、色々な会社から色々な種類のものが、選ぶのに迷うほどたくさん販売されています。

そのどれもが天然由来成分を使っていますので、肌荒れなどの危険性は低く、世界中の女性に愛されている石鹸です。

もちろん、他の種類の石鹸でアウトだった敏感肌の女性でも、ジャムウ石鹸なら安心して使えた、肌の調子が良くなったという声がとても多いです。

中にはアトピーの子供さんの皮膚が丈夫になったという話も聞かれます。

ジャムウ石鹸の効果は、メラニンのもとを抑制するので、黒ずみやくすみを解消する、消臭効果があるので、臭いが気にならなくなります。

また、収れん作用があるので、お肌の引き締め効果がある、肌がもっちりしてきめ細やかになるという美肌効果まであります。

なので、気になる部分だけでなく、全身にジャムウ石鹸を使っているという女性が増えていて、人気がとても高いのです。

要は、どのジャムウ石鹸が自分にいちばんピッタリくるかを見極めて購入することです。(参考サイト:私のジャムウソープ

ジャムウ石鹸の原料には何が使われているの?

ジャムウとは、ジャムウガリアンとも呼ばれ、インドネシアに大昔から伝わる、天然植物を原料とした100%天然のハーブを調合したものです。

ジャムウ石鹸にはこのように長い歴史があり、宮廷の女官達が、自分自身の体を磨き上げるために発祥したともいわれています。

その気になる原料には、石鹸素地、水やヤシ油、ミョウバン、カミツレ油、またアロエベラやオタネニンジンエキス、植物性スクワラン、甘草エキス等、全て天然由来の成分で作られています。

またジャムウ石鹸は、肌に優しいコールドプロセス製法で作られています。

コールドプロセス製法というのは、熱を加えることなく自然に近いかたちで熟成させ、油脂が劣化しにくい良質なソープに仕上げます。

その上、塩析処理をしないので、優れた保湿力のあるグリセリンを丸ごと含むことになります。

グリセリンは、油脂がアルカリと反応して出来る物質で、石鹸が完成する過程で出来る大切な副産物とも言えます。

黒ずみやくすみ、臭いには、石鹸素地であるヤシ油が効果的ですし、コールドプロセス製法は、女性ホルモンに優しく作用します。

まとめ

皆さん、ジャムウ石鹸の人気の秘密が分かりましたか?

古来より女性に愛され親しまれてきたのが、まぎれもなく、このジャムウ石鹸です。