市販のボディーソープはダメ?デリケートゾーン専用の石鹸はある?

デリケートゾーンの黒ずみに、市販のボディーソープを使うことはダメなのでしょうか?

また、デリケートゾーン専用の石鹸ってあるのでしょうか。


市販のボディーソープはダメなの?

皆さんは、デリケートゾーンを洗うとき、どんな洗浄剤をお使いでしょうか。

デリケートゾーンの蒸れや臭いが気になる時は、デリケートゾーンに繁殖した真菌と呼ばれるカビが臭いのもととなります。

真菌が繁殖して、体内からの分泌物を分解してしまうため、その分解中に発生するのが臭いです。

また、デリケートゾーンには、そういった菌が繁殖しないように、常駐菌という良い菌も存在しています。

常駐菌とされるものがいなくなると、バランスが取れなくなり、痒みや炎症を起こしたりするようになります。

なので、デリケートゾーンを洗うときは、この常駐菌まで殺菌しないように洗浄しないといけません。

そこで調べてみると、市販のボディーソープでは、繁殖した真菌を完璧に洗うことはできないことが分かりました。

そして逆に浴用石鹸では、残念なことにデリケートゾーンを守っている常駐菌まで洗い流してしまう、といったことになるようです。


デリケートゾーン専用の石鹸はあるの?

では、ボディーソープも石鹸も駄目ならば、デリケートゾーンはどうやって洗ったらいいのでしょうか。

そんな悩みを解決してくれるのが、デリケートゾーン専用の石鹸です。

デリケートゾーン専用の石鹸は、デリケートゾーンに必要な菌はきちんと残しながら、臭いのもとだけしっかり落としてくれます。

おススメは、「デリケートゾーン専用のコラージュフルフル泡石鹸」「LCジャウム・ハーバルソープ」「VIfemy(ヴィフェミィ) デリケートウォッシュ 」などです。


まとめ

女性のデリケートゾーンは弱酸性です。

ですから、ボディーソープでも石鹸でも、選ぶときは弱酸性の洗浄剤をチョイスしましょう。

刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸を使うことで、デリケートゾーンの健康状態が保たれます。

また、そのような専用石鹸は、敏感肌など肌が弱い人にも最適です。

正しい洗い方をする他にも、生理時など、ナプキンやオリモノシートはこまめに取り替え、常に清潔にして蒸れないように気を付けましょう。

そのためにも、通気性のよい下着を身に着けること、ホルモンバランスを崩さないような生活習慣を送ること等がとても大切です。

デリケートゾーン専用の石鹸の使用を勧める立場の人からは、女性は12歳くらいからお手入れを始めた方が良いとされています。